ニュース リリース

2017/7/24
全国の衛生に関するニュースを掲載する『衛生速報ニュース』を始めました。
2016/11/29
「Gespa 20LのP剤(pH調整剤)ラベル変更のご案内」
2016/9/30~10/1
「夢但馬産業フェア」において、弊社代理店『マリヤ医科興業株式会社』様のブースにてジェスパが出展されます。
2016/8/2~3
「2016"よい仕事おこし"フェア」において、『有限会社ビリーフ』様のブースにてジェスパが出展されます。(A4リーフレットダウンロードはこちら

>> 過去のニュースリリースはこちら



ユーキ通信

当社は、衛生管理、衛生対策の一環としまして、ご利用者の皆様に様々な情報をお届けするため月刊誌を発行しております。施設の掲示板や回覧板などにご利用下さい。

  • ユーキ通信9月号
  • ユーキ通信8月号
  • ユーキ通信7月号

>> バックナンバーはこちら



ジェスパはこうして生まれました。


ご利用者様の声

住宅型有料老人ホーム 施設長
住宅型有料老人ホーム 施設長
施設内にはご利用者様やそのご家族様、スタッフまで多くの人が往来します。また、ご利用者様は高齢ということもあり免疫弱者が多く、様々なウイルスや細菌から守らなければなりません。そんな中、出入り業者の方からの紹介をきっかけにジェスパに出会いました。ウイルスや細菌に対しての効果や様々な箇所に使える魅力、アルコールや一般的な濃度の濃い次亜塩素酸との比較からジェスパを使うようになりました。今では年間を通して施設内のあらゆる箇所で使用し食中毒もなく重宝しています。
飲食店チェーン 社長
飲食店チェーン 社長
食品添加物ということもあり、食品・食材に直接使用できるという製剤が気に入りました。厨房内においていかに効率よく使える製剤がないか探していたところにジェスパの存在を知りました。ジェスパは水気の多い厨房でもそのまま使用でき、乾いた環境にする必要はありません。食事提供までの効率が向上し、飲食店には必要不可欠な製剤です。定期的に行う菌検査でも基準値以下なので安心して使っています。
カット野菜工場 工場長
カット野菜製造業 工場長
当初は次亜塩素酸ナトリウムを厚生省のマニュアル通りに使用していましたが、菌数が不安定で、臭い残りや褐変といった野菜へのダメージがありました。ところが、5年前にGespa(TM-25t)を採用し、常時菌数が基準値以下で、野菜の鮮度も含め出荷先のスーパー様の評価も上々です。装置TM-25tは水道水と変わらない水量で便利、塩素濃度、pHも常に安定しているので安心して使えます。

このページの先頭へ